インドア世界

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりにビビビッと来た!新連載「約束のネバーランド」

漫画 漫画-約束のネバーランド

f:id:yshinano:20160802124320p:plain

         http://www.shonenjump.com/p/sp/1608/neverland/

新連載の「約束のネバーランド」

久しぶりに新連載で「ビビビッ!」ときた。

正直話の内容はありきたりだけど。面白いわ。

僕の場合、新連載の最初の1話ってページ数多いし最初は何が何だか分からないから途中で疲れちゃうんですよね。絵の好き嫌いも激しいし。でもこれは久しぶりに一気にグダることなく読めた。54ページだったけどさ。これって凄い事だと思う。

絵も凄い自分好み。こういう絵好き。

少ない線で沢山の情報を伝える絵って好き。無駄な線がない絵。

f:id:yshinano:20160802125023j:plain

このストーリーにはピッタリの絵だよなー。

原作と作画で分かれてる漫画だけど相性の良い2人だと思う。

「約束のネバーランド」はこんな感じ ※ネタバレあり

孤児院で生活する38人の子供達。

孤児院は広い敷地で不自由なく生活をしていたが近づいてはいけない場所が2つあった。1つは外へ通じる「門」。もう1つは森の「柵」の向こう。

子供達は外へ出ることは許されなかった。

12歳になるまでに里親を手配され新しい家族の元へ旅立つ時に外の世界に出ることができる。

 

ここまで見ると外には何かがあるってのは分かる。

1話の半分くらいはこんな感じで描かれる。

でも後半の数ページでは話が急展開する。こんな展開になるとは読めなかった。

 

里親の元へ孤児院の仲間たちは旅立った思っていたが、本当は鬼に「人肉」として出荷されていた。ここは孤児院ではなく農園であり、子供達は食料として生きてきた。母親として慕ってきた人によって。

まとめ

母親が怪しいのは分かってた。読めたね。

でもまさか「鬼」がいる世界とは思わなかった。ここはちょっと正直冷めた・・・。でもこの鬼は人間の言葉が喋れるみたいだし本当の鬼かどうかは分からないけどさ。話が進んでいくと解き明かされるのかな?

 

もう1度言いますけど凄いありきたりな話。

どっかで読んだことがある話なのは間違いない。1話の今のところは。

でも面白いのは間違いない。

本当に久しぶりに「キター!」って思える新連載だったからね。

 

ただこの漫画の目的は孤児院からの「脱獄」「脱出」

脱獄までを描くのか脱獄後も描くのかは分かりませんがワクワクしますね。

僕からの願いとしては鬼がいる世界の設定はまだ我慢できるんですけどこれから主人公やその周りの人間がビームとか特殊能力とかそういうのが出てくるのは嫌だな〜。

できれば普通の人間が人肉を食べる鬼から逃げるってのを描いて欲しい。

でも外の世界はどうなってんだろう・・・。普通の世界なのかな。鬼によって世界は壊滅しているのだろうか。気になる・・・早く2話を。