インドア世界

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「約束のネバーランド」レイとかいうこの展開に普通についてこれる男 【4話ネタバレあり】

孤児院から抜け出すためには大きな塀を超えなければならない。

ノーマンの考えでテーブルクロスを使ってロープを作ることに。

f:id:yshinano:20160831113027j:plain

 

そして頭の良い3人衆の最後の1人、レイも仲間に。

f:id:yshinano:20160831113235j:plain

レイ「鬼・・・農園・・・ママが敵・・・」

と、とても飲み込みの早いレイ。やはり・・・展開が早いこの漫画。

そして3人で脱出計画を練る。

レイはメンバーを絞って脱出を考えるがエマは全員で逃げることを選択。

レイはある事を心配する。「外の世界」=「鬼の社会」ということを。

それでもエマは折れずに全員で脱出することを選ぶ。

「ないならつくろうよ外に 人間の生きる場所 変えようよ世界」

 

今回の話で2015年までは「本が出版できる世界」だった事がわかる。そこから30年の間に人間社会はなくなり鬼が現れた・・・?可能性が出てきた。

 

そしてママが発信機で居場所を確認するシーン。

f:id:yshinano:20160831114133j:plain

あっここにドラゴンボールが3つある・・・

ではなく、この3つは「エマ、ノーマン、レイ」でしょう。しっかりチェックされています。怖すぎんよ。

感想

やはり外の世界は未知数。鬼だらけなのかもしれないし、もしかしたら普通の世界かもしれない。鬼のうなじが弱点かもしれない。生き残っている人間はいるのか?まだほとんど何も分からない。

この展開の早さなら次かその次の次くらいにはここから脱獄するのだろうか。

ドラマ「プリズン・ブレイク」ファンからすると脱獄シーンは凄い楽しみ。物凄いハードルを上げて楽しみに待っています。全員脱獄は難しいよなー。 

後は、脱獄後の生活とかも楽しみだわ。鬼から逃げながら生活していくみたいな。そもそも脱獄できるのかわからないけどさ。色々妄想が膨らむ。