インドア世界

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「約束のネバーランド」追い込まれたエマ達・・・どうする!?【5話ネタバレ注意】

エマ、ノーマン、レイはここからの脱出を考える。

ママもまた子供達を疑い誰が「鬼の存在」を知っているのかを探る。

そんなある時

f:id:yshinano:20160905173306j:plain

エマ、ノーマン、レイとさらにギルダ、ドンの2人が呼ばれ5人でママの手伝いをさせられる事に。

ママの中で怪しいと思っている人物(年長者を中心)に手伝いをお願いした。食料庫の整理や空き部屋の片付けなどをさせられ昼間の自由時間を奪われる。

なぜ、こんな手伝いをさせるのか。昼間の自由時間を奪うことで脱出計画を妨害し焦らせてボロを出す作戦なのか?それとも監視しやすいようにただ固めて目の届く範囲に置いているだけなのか?

3日以上続いた意味のない「手伝い」は突然終わりを迎える。

ママ「紹介するわ 新しい妹キャロルよ」

f:id:yshinano:20160905174058j:plain

ま・・・まさか!?

ママ「ママのお手伝いに来てもらったの」

意味のない手伝いはただの時間稼ぎであり、本当の目的はもう1人の監視役を連れてくる事だった。

 

うわああああああ。もう終わりやんけえええええ

 感想

え?どうするの?ママ1人でも大変だったんだぜ?居場所も知られちゃうし。それなのに・・・もう1人増えるなんて。終わりだ。もう終わりだ。

でもさ、この新しい人も鬼関係なんだよね?ちなみに名前はクローネ。どっから来たんだろうね。こことは別にまだ孤児院があるのかな?

あー怖いよー怖いよ

 

僕「エマ、もう年長者だけで逃げよう」