インドア世界

【コンビニ人間】社会から排除される「異物」

コンビニ人間 (文春e-book)

2日で読み終えた。時間があるなら1日で読めちゃうくらいスラスラ読めて物語に入り込める作品。「普通」ってなんだろう?とか「人間」の嫌らしさとか汚さがとても上手に描かれている作品だった。

「コンビニ人間」を簡単に説明

18年間同じコンビニでバイトをしている36歳の主人公の古倉恵子。結婚もせず今まで彼氏もいなかった。ただただコンビニでバイトを続けている。コンビニで働くことで古倉恵子は「コンビニ店員」として生きることができていた。

子供の頃の恵子は、公園に小鳥が死んでいるのを見て皆が泣いているなか、その小鳥を母親の所に持っていき「食べよう」と言うような子供だった。母親も他の子供の親も驚いていた。それが恵子には理解できなかった。

結局皆でお墓を作ることになった。他の子供達は小鳥が可哀想可哀想と言いながらその辺の花を引きちぎり花を殺してお墓を作っている。その光景に違和感を感じていた。

他にも男の子が取っ組み合いの喧嘩をしている時にその喧嘩を止める為にスコップで男の子の頭を殴って喧嘩を止めるような事をしていた。すると先程までは「誰か先生を呼んで!誰か止めて!」と言っていた女子は「恵子ちゃんやめて!」に変わっていた。先生に説明を求められ「皆が止めてって言うから」と説明するが先生は怒っていた。なぜ先生は怒っているのか分からなかった。

「普通の人間」になるにはどうすれば良いか恵子には分からなかった。

大学1年の時に見つけたオープン予定のコンビニを見つけそこでバイトをすることを決めた。そこで採用された。コンビニの中で制服を着て完璧なマニュアルに従うことで「店員」になることができ、「普通の人間」になることで社会との接点を見つけることができた。

しかしコンビニの外に出てしまうとマニュアルもなく、どうすれば「普通の人間」になれるのか分からないままだった。

そのまま18年間コンビニでバイトを続けていたある日「白羽」という男がコンビニのバイト店員としてやってくる。恵子は白羽に出会い、社会とのズレや生き方を考えさせられ「普通の人達」が「異物」を排除して作らていく「社会」に直面していく。

感想(※ネタバレあり)

 恵子と白羽は深いところでは同じ考え方の人間なのかなーって。白羽も同じように「異物を排除していく」この社会に違和感や不満を持っている。でも違うのは恵子は「不満」はないってところ。違和感を感じつつも恵子には「コンビニ店員」になる事で「普通の人間」を演じる事ができていると思っていたから。

自分が1番好きなところは、白羽と一緒に住むようになってから。優しく見守ってくれていると思っていた周りの人間は恵子に彼氏ができて、しかも一緒に住んでいるという事を知ったら態度が変わっていく。

「異物」だった恵子が「普通の人間」になりかけているのが分かれば、周りの「普通の人達」はさらに恵子を「普通の人間」にする為にアドバイスや質問をぶつけまくる。

結局人間ってのは「普通」か普通じゃない「異物」かの2択で「普通の人達」は「異物」を排除し続けていく。そして「異物」が「普通」になろうとしていると「普通の人達」は偉そうに「これが普通」という物を教えてくる。最初にも言ったように人間の嫌らしさとかそういうのがとても上手に表現されている作品だった。

最後のシーン

恵子は結局最後は「普通」じゃない「異物」を選択した。これが幸せなのか正しい選択なのかは分からないけど「恵子」は自分の生きる道を選択する。

「普通」という壁を自分で壊して「異物」として生きる事を選んだ恵子はとてもかっこ良かった。もちろん「普通」にはなれず「コンビニ」でしか働けないだけと言えばそうなのかもしれないけれど、どこか惹かれる部分がある。

 

コンビニ人間 (文春e-book)
文藝春秋 (2016-07-27)
売り上げランキング: 230